本文へスキップ

保育士求人募集!転職から新卒採用まで。正社員・パート・派遣・契約社員。保育士専門の人材紹介会社におまかせ!

女性の社会進出と保育園の必要性


女の子のイラスト

日本は少子高齢化が進んでいるといわれています。

そこから考えると子供に関するビジネスなどは縮小傾向に進むはずですが、子供の保育に関しては、むしろニーズが高くなっているということができます。

待機児童の多さなどはニュースでもたびたび取り上げられているため、多くの人が認識している問題ではないでしょうか。

女性の社会進出

女性は植物に癒されます

保育のニーズが高まっている原因としては、女性の社会進出が進んでいるということが挙げられます。

少子高齢化により、この先日本では労働力不足になるということが言われています。そのためには女性の力を活用するということが必須となってくるのです。

これまでは男性が働き、女性は専業主婦として家を守るという形が一般的でした。子供が生まれても母親が面倒を見ていればよかったので、外部で保育をする必要性があまりなかったのです。

しかし、現在は女性も仕事を持ち自立して働くようになってきているため、子供を産み育てるには保育のサービスを利用することが必須となっているのです。

子供を産んでもきちんと預けられれば、頑張って仕事を続けていくこともできるでしょう。

産休や育休を使えば、子育てと仕事を両立することもできるかもしれません。しかし、預け先が見つからなければ仕事が続けられません。勤め続けることができなければそこでキャリアが断たれてしまいます。

そういったことで仕事を辞めたくない場合、子供を産むことをあきらめてしまう事も多いでしょう。さらに少子化が進んでいくことになってしまいます。

女性の仕事の問題としてとらえられがちですが、これは社会経済的にも必要なことであり、決して女性だけの問題ではありません。

女性の力がなくては経済が回っていかないのですから、社会全体で取り組んでいくべきものでしょう。

保育の施設

妊娠中の1歳児ママ

保育は施設を作れば解決するというものではありません。施設に保育士がいなければ機能しないものだからです。

子供を見ていれば誰でもよいというものではないことも、保育士の確保を難しくしています。子供の命を預かる責任が重い仕事で、保育に関する知識や技術を持っていなければならないためです。

そういった条件を満たした保育士を求めているところは多くあり、保育士求人は多く出ているのですが、なかなか人数が満たされないというのも問題となっています。

待遇改善などを通して、しっかりした保育の人材が確保できるようにしていくことが重要であるということができるでしょう。


口コミで人気1☆保育士転職エージェント